業績

Thesis

論文

英文

  1. Ishizone S, Yamauchi K, Kawa S, Suzuki T, Shimizu F, Harada O, Sugiyama A, Miyagawa S, Fukuda M, Nakayama J.: Clinical utility of quantitative RT-PCR targeted to alpha1,4-N-acetylglucosaminyltransferase mRNA for detection of pancreatic cancer. Cancer Sci. 97: 119-126. 2006
  2. Ishizone S, Maruta F, Saito H, Koide N, Sugiyama A, Nakayama J, Miyagawa S.: Efficacy of S-1 for patients with peritoneal metastasis of gastric cancer. Chemotherapy. 52 : 301-307, 2006
  3. Ishizone S, Maruta F, Suzuki K, Miyagawa S, Takeuchi M, Kanaya K, Oana K, Hayama M, Kawakami Y, Ota H.: In vivo bactericidal activities of Japanese rice-fluid against H. pylori in a Mongolian gerbil model. Int J Med Sci. 4 : 203-208, 2007
  4. Ishizone S, Koide N, Karasawa F, Akita N, Muranaka F, Uhara H, Miyagawa S.: Surgical treatment for anorectal malignant melanoma: report of five cases and review of 79 Japanese cases. Int J Colorectal Dis. 23 : 1257-1262, 2008
  5. Ishizone S, Koide N, Akita N, Karasawa F, Kobayashi N, Koizumi T, Miyagawa S.: Fatal interstitial pneumonia associated with oxaliplatin-based therapy in a patient with metastatic rectal cancer. Clin J Gastroenterl. 4 : 157-161, 2011
  6. Mochizuki T, Furuta S, Mitsushita J, Shang WH, Ito M, Yokoo Y, Yamaura M, Ishizone S, Nakayama J, Konagai A, Hirose K, Kiyosawa K, Kamata T.: Inhibition of NADPH oxidase 4 activates apoptosis via the AKT/apoptosis signal-regulating kinase 1 pathway in pancreatic cancer PANC-1 cells. Oncogene. 25 : 3699-3707, 2006
  7. Sugiyama A, Ikeno T, Ishida K, Maruta F, Murakami M, Sato T, Saito H, Ishizone S, Kawasaki S, Ota H, Katsuyama T : Paradoxical role of Helicobacter pylori infection: protective effect against ethanol-induced gastric mucosal injury in Mongolian gerbils. Dig Dis Sci. 46 : 2433-2439, 2001
  8. Shimizu F, Nakayama J, Ishizone S, Zhang MX, Kawakubo M, Ota H, Sugiyama A, Kawasaki S, Fukuda M, Katsuyama T: Usefulness of the real-time reverse transcription-polymerase chain reaction assay targeted to alpha1,4-N-acetylglucosaminyltransferase for the detection of gastric cancer. Lab Invest. 83 : 187-197, 2003
  9. Nakayama J, Aoki D, Suga T, Akama TO, Ishizone S, Yamaguchi H, Imakawa K, Nadano D, Fazleabas AT, Katsuyama T, Nozawa S, Fukuda MN. : Implantation-dependent expression of trophinin by maternal fallopian tube epithelia during tubal pregnancies: possible role of human chorionic gonadotrophin on ectopic pregnancy. Am J Pathol. 163 : 2211-2219, 2003
  10. Maruta F, Sugiyama A, Ishizone S, Miyagawa S, Ota H, Katsuyama T: Eradication of Helicobacter pylori decreases mucosal alterations linked to gastric carcinogenesis in Mongolian gerbils. J Gastroenterol. 40 : 104-105, 2005
  11. Yamaoka Y, Yamauchi K, Ota H, Sugiyama A, Ishizone S, Graham DY, Maruta F, Murakami M, Katsuyama T. : Natural history of gastric mucosal cytokine expression in Helicobacter pylori gastritis in Mongolian gerbils. Infect Immun. 73 : 2205-2215, 2005
  12. Saito H, Yamaoka Y, Ishizone S, Maruta F, Sugiyama A, Graham DY, Yamauchi K, Ota H, Miyagawa S : Roles of virD4 and cagG genes in the cag pathogenicity island of Helicobacter pylori using a Mongolian gerbil model. Gut. 54 : 584-590, 2005
  13. Murakami M, Ota H, Sugiyama A, Ishizone S, Maruta F, Akita N, Okimura Y, Kumagai T, Jo M, Tokuyama T.: Suppressive effect of rice extract on Helicobacter pylori infection in a Mongolian gerbil model. J Gastroenterol. 40 : 459-466, 2005
  14. Yanagisawa Y, Maruta F, Iinuma N, Ishizone S, Koide N, Nakayama J, Miyagawa S.: Modified Irinotecan/5FU/Leucovorin therapy in advanced colorectal cancer and predicting therapeutic efficacy by expression of tumor-related enzymes. Scand J Gastroenterol. 42 : 477-484, 2007
  15. Maruta F, Ishizone S, Hiraguri M, Fujimori Y, Shimizu F, Kumeda S, Miyagawa S.: A clinical study of docetaxel with or without 5’DFUR as a second-line chemotherapy for advanced gastric cancer. Med Oncol. 24 : 71-75, 2007
  16. Koide N, Takeuchi D, Suzuki A, Ishizone S, Miyagawa S.: Additional gastrectomy after endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer patients with comorbidities. Int J Surg Oncol. 2012; 2012:379210.
  17. Suzuki A, Koide N, Takeuchi D, Okumura M, Ishizone S, Suga T, Miyagawa S.: Prevalence of synchronous colorectal neoplasms in surgically treated gastric cancer patients and significance of screening colonoscopy. Dig Endosc. 26(3):396-402.2014
  18. Takeuchi D, Koide N, Suzuki A, Ishizone S, Shimizu F, Tsuchiya T, Kumeda S, Miyagawa S.: Postoperative complications in elderly patients with gastric cancer. J Surg Res. 198(2):317-26, 2015
  19. Koyama M, Miyagawa Y, Yamamoto Y, Kitazawa M, Suzuki A, Ishizone S, Miyagawa S.: Surgery for chronic mesh infection occurred 10 years after sacrectomy – Mesh resection and mesentric leaf repair: A case report. Int J Surg Case Rep.;30:215-217, 2017
  20. Kawakubo M, Horiuchi K, Komura H, Sato Y, Kato M, Ikeyama M, Fukushima M, Yamada S, Ishizone S, Matsumoto T, Ota H, Sagara J, Nakayama J.: Cloning of Helicobacter suis cholesterol α-glucosyltransferase and production of an antibody capable of detecting it in formalin-fixed, paraffin-embedded gastric tissue sections. Histochem Cell Biol. 148(4):463-471, 2017
  21. Yoshizawa J, Ishizone S, Ikeyama M, Nakayama J.: Gastric hepatoid adenocarcinoma resulting in a spontaneous gastric perforation: a case report and review of the literature. BMC Cancer. 25;17(1):368, 2017
  22. Yoshizawa J, Kubo N, Ishizone S, Karasawa F, Nakayama A.: Curative resection by splenectomy for solitary splenic metastasis from early gastric cancer: a case report and literature review. BMC Cancer. 20;17(1):436, 2017
  23. Hanaoka T, Kurai M, Okada M, Ishizone S, Karasawa F, Iizuka A, Ikeyama M, Nakayama J.: Pulmonary adenocarcinoma possibly developed from the cut-end of small-sized adenocarcinoma in the lung periphery as recurrence 13 years after its wedge resection. Surg Case Rep. 3;4(1):2, 2018
  24. Hanaoka T, Kurai M, Okada M, Ishizone S, Karasawa F, Iizuka A.: Preoperative Watchful-Waiting Time and Surgical Outcome of Patients with Non-small Cell Lung Cancer Found by Chest Low-Dose CT Screening. World J Surg. 42(7):2164-2172, 2018

邦文

  1. 石曽根聡、杉山敦、中山淳、池野龍雄、丸田福門、清水文彰、村上真基、斉藤拓康、佐藤敏行、川崎誠治、勝山努:スナネズミのH.Pylori感染実験モデルにおける胃ムチン産生能の解析.実験潰瘍 29 (1) : 2002
  2. 石曽根聡、千須和寿直、清水文彰、土屋拓司、岡本講平:直腸粘膜脱を契機に発見された高齢者鎖肛(直腸膣前庭瘻)の1例:日本臨床外科学会雑誌 66 (9): 2005
  3. 石曽根聡、千須和寿直、清水文彰、土屋拓司、岡本講平:CA19-9産生巨大脾嚢胞の1例.日本臨床外科学会雑誌 66 (11): 2005
  4. 千須和寿直、笠井俊夫、清水文彰、石曽根聡、土屋拓司、岡本講平、武藤正樹、米沢孝典:ペースメーカー留置側に発生した左乳癌の1例. 外科 62 (5): 2000
  5. 千須和寿直、五味光太郎、柴田篤志、石曽根聡、土屋拓司、岡本講平:化学放射線療法が奏功した肛門管扁平上皮癌の1例.臨床外科 55 (6):2000
  6. 清水文彰、岡本講平、土屋拓司、千須和寿直、石曽根聡、武藤正樹、藤森一也、滋野俊、杉山敦、川崎誠治:回腸癌と十二指腸腺腫を合併した遺伝性非ポリポージス大腸癌(HNPCC)の1例.外科 62 (7):2000
  7. 海野洋、清水俊樹、三枝久能、早田拓郎、長崎正明、石曽根聡、田中健一、飯島智、岡部竜吾、森川明男、宮沢幸一、塩原順四郎、赤松泰次、清澤研道:大腸憩室出血4例の治療経験.ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease 15 (2):1999
  8. 杉山敦、村上真基、勝山努、太田浩良、池野龍雄、石田公孝、清水文彰、斉藤拓康、佐藤敏行、石曽根聡、川崎誠治:Helicobacter pylori(HP)感染胃粘膜障害に対する十二指腸胃逆流(DGR)の影響.実験潰瘍 28 (1) : 2001
  9. 杉山敦、石曽根聡、太田浩良:H.Pylori感染早期の胃粘膜防御因子の変動 腺粘液細胞型ムチンの変動を中心に:胃分泌研究会誌.35 :2003
  10. 村上真基、杉山敦、太田浩良、石曽根聡、丸田福門、佐藤敏行、秋田倫幸、川崎誠治、勝山努、沖村幸枝:米エキスのHelicobacter pylori胃炎に対する影響.実験潰瘍 30 (2): 2003
  11. 斉藤拓康、小出直彦、芳澤淳一、石曽根聡、丸田福門、細田和貴、小宮山祐一、赤松泰次、宮川眞一:下行結腸脂肪腫に対して腹腔鏡補助下手術を施行した1例.ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease 20 (2): 2004
  12. 村上真基、石曽根聡、塚田修:Vitamin B12製剤投与のみで治癒した胃全摘後貧血の1例.Pharma Media 26 (11):2008
  13. 小出直彦、石曽根聡、宮川眞一:消化管悪性リンパ腫診療の最前線 小腸悪性リンパ腫診療における外科の役割:消化器内科 51 (2): 2010
  14. 佐近雅宏、小出直彦、関野康、石曽根聡、横山隆、宮川眞一:嵌頓大腿ヘルニアに対して腹腔鏡下ヘルニア修復術を施行した1例.日本内視鏡外科学会雑誌 16 (1): 2011
  15. 関野康、石曽根聡、佐近雅宏、小出直彦、宮川眞一:腹腔鏡下に切除した十二指腸上行部後壁GISTの1例.日本内視鏡外科学会雑誌 16 (4): 2011
  16. 田中飛鳥、後藤康文、葭矢裕之、岩出舞子、石曽根聡、宇原久、奥山隆平:ドレーンで術後排便管理を行った乳房外Paget病の1例.臨床皮膚科 65 (12): 2011
  17. 関野康、小出直彦、石曽根聡、佐近雅宏、宮川眞一:イレウス管が誘因となった腸重積症の1例.日本消化器外科学会雑誌 44 (7): 2011
  18. 丸山康弘、岩谷勇吾、丸山雅史、大工原誠一、奥原貞久、山田重徳、伊藤哲也、須藤桃子、長屋国信、高橋俊晴、横澤秀一、菅智明、佐近雅宏、石曽根聡、小出直彦、太田浩良、新倉則和、田中榮司:粘膜下腫瘍様形態を呈したEpstein-Barr Virus関連胃リンパ球浸潤癌の1例.ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease 28(1): 2012
  19. 大久保洋平、小出直彦、関野康、石曽根聡、丸山雅史、宮川眞一:抗リン脂質抗体症候群に合併した胃限局性若年性ポリポーシスの1例.日本消化器病学会雑誌 110(6): 2013
  20. 関野康、小出直彦、石曽根聡、得丸重夫、宮川眞一:ヒルシュスプリング病術後に発症した大腸癌の2例.日本消化器外科学会雑誌 46(8): 2013
  21. 鈴木彰、小出直彦、石曽根聡、和田有子、福井大祐、宮川眞一:急性上腸間膜動脈閉塞症に対する外科治療.日本臨床外科学会雑誌 75(2): 2014
  22. 竹内大輔、小出直彦、鈴木彰、荻原裕明、石曽根聡、宮川眞一:肛門管癌の鼠径リンパ節転移郭清術の治療成績.日本臨床外科学会雑誌75(2): 2014
  23. 面高俊和、林宏一、上條史尚、大橋敦子、三宅知美、荻原裕明、石曽根聡、宮川眞一、古賀弘志、奥山隆平:結腸皮膚瘻による皮下膿瘍を契機に診断されたCrohn病の1例.西日本皮膚科 77(2): 2015
  24. 今井紳一郎、小林聡、横山隆秀、清水明、古澤徳彦、酒井宏司、北川敬之、荒井琢磨、石曽根聡、宮川眞一:肝細胞癌盲腸転移の1切除例.日本消化器外科学会雑誌 49(6): 2016
  25. 竹内大輔、鈴木彰、杉山聡、石曽根聡、宮川眞一:術前DCF療法が奏功した食道癌肉腫の1例.日本消化器外科学会雑誌 49(5): 2016
  26. 大場崇旦、前野一真、伊藤研一、石曽根聡、花岡孝臣:乳癌術前化学療法中に急性虫垂炎による骨盤内膿瘍を発症した1例.癌と化学療法 44(11): 2017

学会発表

国際学会

  1. Detection of pancreatic cancer by Quantiative reverse transcription-polymerase chain reaction targeted to a1,4-N-acetylglucosaminyltransferase messenger RNA 19th ISDS(2004)
  2. Effect of H.pylori infection on gastric mucin synthesis in Mongolian gerbils 15th INTERNATIONAL WORKSHOP GASTROINTESTINAL PATHOLOGY HELICOBACTOR(2002)

国内学会

  1. 治癒切除不能進行大腸癌に対する原発巣切除の意義  第73回日本消化器外科学会(2018)
  2. 異物誤飲による直腸穿孔に対して内視鏡的知慮にて軽快した一例 第73回日本大腸肛門病学会(2018)
  3. 大腸低分化腺癌の病理組織学的特徴と治療成績 第25回JDDW(2017)
  4. 地域一般病院における大腸癌用手腹腔鏡下手術(HALS)の有用性 第66回日本農村医学会(2017)
  5. 当院における超高齢者(90歳以上)大腸癌手術症例の検討 第72回日本大腸肛門病学会(2017)
  6. 経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)困難例に対する腹腔鏡補助下経皮内視鏡的胃瘻造設術(LAPEG)の経験 第93回日本消化器内視鏡学会(2017)
  7. pT2大腸癌の臨床病理学的特徴と治癒切除後再発例の検討 第24回JDDW(2016)
  8. 検診にて偶然発見された虫垂粘液癌の一例 第71回日本大腸肛門病学会(2016)
  9. 大腸粘液癌における臨床病理学的検討 第115回日本外科学会(2015)
  10. WHO分類に基づいた下部消化管神経内分泌腫瘍に対する治療成績の検討 第70回日本消化器外科学会(2015)
  11. 腹腔鏡補助下経皮内視鏡的胃瘻造設術の有用性の検討 第77回日本臨床外科学会(2015)
  12. 治療抵抗性腸管ベーチェット病に対するインフリキシマブの使用経験 第70回日本大腸肛門病学会(2015)
  13. 当院における残胃癌の臨床病理学的検討 第87回日本胃癌学会(2015)
  14. 当科における大腸神経内分泌腫瘍の治療成績 第69回日本大腸肛門病学会(2014)
  15. 腸管皮膚瘻形成を繰り返し治療に難渋した腸管ベーチェットの一例 長野炎症性腸疾患研究会(2014)
  16. StageⅣ大腸癌に対する治療戦略 根治切除不能例に対する原発巣切除の意義について 第21回JDDW(2013)
  17. StageⅡ大腸癌の再発危険因子の検討 第51回日本癌治療学会(2013)
  18. StageⅣ大腸癌に対する治療成績の検討 第67回の本消化器外科学会(2012)
  19. 腎移植後に発症した大腸癌多発転移症例に対するFOLFIRI+パニツムマブ療法の治療経験 第19回JDDW(2011)
  20. 当院における大腸癌肺転移切除症例の検討 第49回日本癌治療学会(2011)
  21. 切除不能大腸癌に対する術前補助化学療法としてのFOLFOX療法 第110回日本外科学会(2010)
  22. 自己免疫疾患に合併した消化管穿孔の8例の検討 第18回JDDW(2010)
  23. 切除不能結腸・直腸癌に対するdown stagingを目的としたFOLFOX療法の有用性の検討 第47回日本癌治療学会(2009)
  24. 外科切除を要した腸間膜脂肪識炎3例の治療成績 第64回日本消化器外科学会(2009)
  25. 当院における大腸癌化学療法の治療成績 bevacizumab併用により何が変わったか 第109回日本外科学会(2009)
  26. 大腸癌に対する抗がん剤治療 現在の標準治療と信州大学の現状について 長野ストーマリハビリテーション研究会(2008)
  27. 当科におけるBevacizumabを併用した大腸癌化学療法 第63回日本消化器外科学会(2008)
  28. 切除不能進行大腸癌に対するdown stagingを目的としたmFOLFOX6療法の有用性の検討 phaseⅡ study ~途中経過のご報告~ 信州癌化学療法セミナー(2008)
  29. 直腸肛門部の悪性黒色腫5例の治療成績 第18回JDDW(2007)
  30. ピロリ菌感染スナネズミモデルにおける米唐化液飲用の効果 第13回日本ヘリコバクター学会(2007)
  31. 転移再発大腸癌に対するFOLFOX→FOLFIRI療法の治療成績 第108回日本外科学会(2007)
  32. FOLFOX療法による有害事象と対策について 第7回信州消化器癌治療研究会(2007)
  33. 進行・再発胃癌に対する化学療法の最近の進歩 進行胃癌に対するS1→タキサン療法 第17回JDDW(2006)
  34. 進行・再発胃癌における5FU代謝関連酵素からみたTS-1療法の治療効果 第107回日本外科学会(2006)
  35. Crohn病に対する外科治療の検討 第61回日本消化器外科学会(2006)
  36. 当科におけるFOLFOX/FOLFIRI療法の現状 信州消化器癌治療フォーラム(2006)
  37. 高齢者胃癌化学療法の可能性 第6回信州消化器癌研究会(2006)
  38. 進行・再発胃癌に対するS-1治療による治療効果の検討 第16回JDDW(2005)
  39. 胃癌腹膜播種に対するS-1治療による生存期間延長効果 第60回日本消化器外科学会(2005)
  40. 再発大腸癌に対するBevacizumab(アバスチン)治療の経験 第4回信州消化器癌治療研究会(2005)
  41. 腹膜播種を伴う高度進行胃癌に対するTS-1の有用性の検討 第59回日本消化器外科学会(2004)
  42. 42. Examination of Hellicobactor pylori infected gastric mucosa in animal model for gastric carcinogenesis 第15回日本消化器癌発生学会(2004)
  43. H.pylori感染早期胃粘膜では何が起こっているか 胃発癌モデルでの検討 第58回日本消化器外科学会(2003)
  44. 胃発癌に向かうH.pylori感染胃粘膜では早期に何が起こっているか ムチン産生能の分子レベルでの解析を含めて 第104回日本外科学会(2003)
  45. α1,4-N-アセチルグルコサミン転移酵素遺伝子を対象とした膵癌の分子診断 第23回日本分子腫瘍マーカー研究会(2003)
  46. α1,4-N-アセチルグルコサミン転移酵素遺伝子を対象とした末梢血中の膵癌細胞の検出 第64回日本臨床外科学会(2002)
  47. 消化器癌と腫瘍マーカー α1,4-N-アセチルグルコサミン転移酵素遺伝子を対象としたReal-Time RT-PCR法による末梢血中膵癌細胞の検出 第33回日本膵臓学会(2002)
  48. α1,4-N-アセチルグルコサミン転移酵素遺伝子を対象とした末梢血中の膵癌細胞の検出 第57回日本消化器外科学会(2002)
  49. スナネズミモデルにおけるα1,4-N-アセチルグルコサミン転移酵素遺伝子を対象とした胃ムチン産生能の解析 第29回日本実験潰瘍学会(2001)
  50. 虫垂粘液細胞癌の一例 日本消化器病学会地方会(2000)
  51. 5年間経過を追った巨大脾嚢胞の一例 信州外科集談会(1999)
  52. 直腸ポリープ脱出を契機に発見された高齢者先天性直腸肛門奇形(鎖肛)の一例 第54回日本消化器外科学会(1999)
  53. Crohn病手術症例の検討 第60回日本臨床外科学会(1998)
  54. 緊急血管造影にて出血源が診断できた結腸憩室の一例 信州外科集談会(1998)