大腸内視鏡検査 (大腸カメラ)

Intestine Camera

大腸内視鏡検査は肛門から内視鏡を挿入して一番奥の盲腸まで進ませ、大腸全体をくまなく観察する検査です。
大腸内視鏡検査をおこなうことで大腸がんを早期発見できるだけでなく、がんになる前の段階のポリープを切除することで大腸がんを予防できます。
便潜血検査で陽性となった方、50歳を過ぎて一度も大腸の検査をされたことがない方、ご家族に大腸がんの方がいる方などは是非大腸内視鏡検査をお勧めします。

大腸カメラ検査でわかる病気

  • 大腸がん
  • 大腸がんの前がん病変である大腸ポリープ
  • 様々な腸炎  など

大腸がんについて

大腸がんになる方は年々増加し、全がんの中で最も患者数が多く、非常に身近な病気になっています。
死亡者数でも肺がんに続き2番目に多く、女性のがん死亡の1位は大腸がんです。 大腸がんが増加の一途をたどる背景としては食生活の欧米化や高齢化が原因とされています。
大腸がんは大部分が大腸腺腫という良性のポリープ(いわゆるがんの芽)が大きくなり、進展してがんになります。
大腸ポリープはほとんどの場合自覚する症状はありません。大腸がんや大腸ポリープを見つけるためのスクリーニング検査として便潜血検査をおこない、陽性の場合は内視鏡による精密検査をおこないます。
大腸がんは身近な病気である反面、早期発見でほぼ完治できる数少ないがんの一つですし、ポリープの段階で切除をおこなえば、がんを未然に防ぐことも可能な病気なのです。当クリニックの院長は大学病院や地域の病院で長く大腸がんの患者さんの外科治療に携わってきました。
その中で早期発見の重要性を痛感し、少しでも気軽に内視鏡検査を受けていただくことで、大腸がんで苦しむ方を減らし地域に貢献したいと考えています。

当クリニックの大腸カメラの特徴

① 大腸肛門病・消化器病・消化器内視鏡専門医による正確な診断をおこないます

経験豊富な専門医が責任をもって検査をおこないます

② 麻酔薬(鎮静剤)を使用し、苦痛の少ない検査をおこなっています

検査をできるだけリラックスしてお受けいただくように静脈麻酔と鎮痛剤を使用した検査をおこなっています。検査中は少しウトウトした状態でおこないます。 もちろん麻酔薬を使わない検査も可能です。

③ナビゲーションシステムを併用して苦痛の少ない検査を心がけます

大腸内の内視鏡の形状や位置を3D表示でリアルタイムにモニタリングする内視鏡挿入形状観察装置を使用しながら検査をおこないます。挿入時の操作性の向上、検査時間の短縮、挿入時の苦痛が軽減されます。

④ 検査中、検査後の苦痛も軽減する工夫

炭酸ガスは空気に比べて約200倍の速度で生体に吸収され、呼吸によって排出されます。内視鏡検査用炭酸ガスを使用することにより検査中や検査後のお腹の張りを軽減します。

⑤ 日帰りの大腸ポリープ切除をおこなっています

検査中に将来的に大腸がんになる可能性のポリープがあった場合、その場で切除可能なポリープは切除をおこないます。一度の検査で治療まで終わります。

こんな症状がある方は大腸カメラをお勧めします

  1. 排便時に出血を認めたり、便に血が混じっている方
  2. 検診で便潜血反応が陽性となった方
  3. 便通異常(便秘、下痢、便が細いなど)のある方
  4. お腹の調子が悪い方(腹痛や腹部膨満)
  5. 貧血を指摘されたり急激な体重減少がある方
  6. 腫瘍マーカーの上昇を指摘された方
  7. 過去に大腸がんや大腸ポリープがあった方
  8. 血縁者に大腸ポリープの多発者や大腸がんの方がいる方
  9. 無症状でも50歳を超えてまだ一度も大腸カメラを受けたことがない方

大腸カメラの流れ

① 事前診察

当院では大腸カメラ前に医師の診察と検査の説明、検査に必要な血液検査をおこなっています。半年以内に検査をしていればその検査結果で代用することも可能ですので、検査結果をお持ちください。 検査日の予約と服用している薬の確認をおこないます。

診察時にお持ちいただくもの
  • 保険証
  • 服用中のお薬がある方はお薬手帳など
  • 人間ドックや健診で引っかかった方はその検査結果
② 検査前日

普段通りに生活していただき、検査前日の夕食は軽めに、夜8時頃までに済ませます。その後処方された下剤を服用していただきます。お水、お茶、スポーツドリンクは夜間も摂取可能です。

③ 検査当日 朝

検査当日、ご自宅で腸管洗浄液を服用される方は、朝から約2Lの前処置用の腸管洗浄液を約2時間かけて数回に分けて服用していただきます。服用からおよそ30分から1時間ほどたつと排便が始まります。5-6回ほどトイレに行くとほとんどの便が出ます。 高血圧、不整脈、喘息などの薬は普段通り服用していただいて差し支えありませんが、それ以外の薬は前もって医師に相談してください。検査予約時間の30分前に来院してください。

④ 検査当日 受付/準備

高齢の方や院内で洗浄液を飲むことを希望される方は午前中に来院していただき前処置室で腸管洗浄液を服用していただきます。 プライベートスペースと専用トイレを用意しております。
排便の状態を確認し、検査がおこなえる状態かを判断します。(便の性状が透明で黄色の水様になれば大丈夫です。)

⑤ 検査当日 検査

検査着に着替えていただきます。更衣室は男女別でお一人ずつご使用いただけます。ベッドに横になり鎮静剤の点滴をします。リラックスした状態で検査をおこないます。検査時間はだいたい20分程度です。

⑥ 検査当日 リカバリー

検査終了後は鎮静剤の効果が覚めるまで1時間程度リカバリーベッドでお休みいただきます。全身状態を確認したのち、着替えていただきます。

⑦ 検査当日 検査後の説明

診察室で検査画像を一緒に確認しながら、医師が検査結果をお話しします。組織生検あるいはポリープを切除した場合は、病理結果の説明を受けるため、2週間後くらいにご来院ください。

⑧ 帰宅後

食事制限はありません。ポリープを切除された方は、数日間はアルコールを控えて消化の良いものを召し上がってください。

日帰りポリープ切除について

大腸粘膜にできる隆起性病変を総称して大腸ポリープと呼びます。将来的にがん化する可能性のあるポリープは切除が勧められます。当クリニックでは小さなポリープに対しては大腸内視鏡検査時にその場で同時に切除をおこなっています。大きなポリープや大腸がんなどは入院下での切除が望ましいため、近隣の施設に紹介とします。

大腸ポリープ切除をおこなった場合は、出血などの合併症を避けるための制限があります。当日の長湯を避けていただく、刺激物やアルコールの摂取、激しい運動を数日間控えていただくなどです。また、ご帰宅後、異常があった場合に備えて連絡先をお伝えしています。万が一に備えて迅速な対応ができる様にしていますので、ご安心ください。

診療メニュー